論語の達人

「論語の達人」講座

内容『論語』には人間として守るべきまた行うべき、しごく当たり前のことが簡潔な言葉で記されています。この論語の心をわかりやすく学びます。
講師渡辺 洋之          
期間3カ月
回数6回(月2回)
曜日土曜日
時間13:30-15:30
曜日月曜日
時間19:00-21:00
受講料9,720(3カ月)(教材費1,700円(初回のみ))
住所〒400-8545 山梨県甲府市北口2-6-10

​論語の達人

発展と成功のために

脳の覚醒下手術で日本屈指の実績を持つ
東京都立駒込病院脳神経外科医長の篠浦伸禎さん。

脳のスペシャリストとして、
様々な研究をされてきた篠浦さんですが、
中国古典『論語』の教えは
科学的にも脳の働きを活性化するといいます。

篠浦さんが語る、『論語』の知られざる効能とは??

脳の覚醒下手術で日本屈指の実績を持つ東京都立駒込病院脳神経外科医長の篠浦伸禎さん。脳のスペシャリストとして、様々な研究をされてきた篠浦さんですが、中国古典『論語』の教えは科学的にも非常に脳の働きを活性化するといいます。篠浦さんが語る、『論語』が持つ知られざる効能とは??

■脳の機能を向上させるには、いったいどうすればいい?

脳の機能を改善させてくれるものについて触れていきたいと思いますが、昔から体によいとされているものに、カフェインがあります。特に最近はカフェインがパーキンソン病や糖尿病にも効くともてはやされています。その他、ハーブティーやアホエンなども注目されています。実際、服用することで脳の血流が上がることから、脳が活性化することが分かります。

脳の機能を改善させてくれるものとして、もう1つ、きょうのテーマである「人間学」が挙げられます。なぜでしょうか? その根拠は、人間学の本を患者さんにお渡しすることにより、精神疾患を抱えていた患者さんに改善の傾向が見られたことにあります。人間学を学ぶことで、脳を使って幸せに生きるヒントが見つかるのではないか――。そう考えたのです。

もう1つは、1000年、2000年という長い年月にわたって風雪に耐え、人間学を伝える種々の書物が生き残ってきたという事実です。その教えは、突き詰めれば、人間の心の持ちようを変えさせようとするものです。これは個人が抱えている脳の問題への根本的な解決につながる可能性を秘めているのです。

昔の人は、「四書五経」などを諳んじている人が数多くいました。しかし、いまはそういう人が少なくなりました。これを読めば、こんないいことがあるといった、何らかの裏づけがなければ、それについて興味を示さない人が多いからでしょう。確かにそれも分からなくはありません。そこで、私は脳科学の観点から、現代人にも分かりやすく人間学を整理しようと試みています。

その際、私は脳の使い方を1次元から3次元まで分けて考えることが有効だと考えています。

これを人の生き方に当てはめてみると、1次元とは、個人の日常生活の基本となる脳の使い方で、作業、習慣とも言い換えられる部分です。

2次元は家庭、学校等、比較的狭い集団における脳の使い方で、相手とウエットな関係を築く上で大切なものです。

さらに3次元とは企業などの大きな組織、いわば集団の中での脳の使い方で、自分を中心として、人、物事に優先順位をつけ必要な部分に対処するためのものです。

■知られざる『論語』の効用

では、以上のことを踏まえて、具体的に『論語』を例に見ていきましょう。

「君子は泰にして驕らず 小人窮すれば斯に濫す」

これはまさしく医学にも通ずる話で、ゆったりと冷静に対処し、集中できる人間のほうがよい手術ができます。逆にパニック状態になって頭が真っ白になると、脳の機能を低下させることにつながるのです。

『論語』には、このように理想的な脳の使い方がしっかりと書かれているのです。

スイスの哲学者アミエルが記した『アミエルの日記』の中に、

「人生の行為において習慣は主義以上の価値を持っている。何となれば習慣は生きた主義であり、肉体となり本能となった主義である」

と記されています。1次元的な脳の理想的な使い方とは、いい習慣をつくるということにつながるのです。

「己の欲せざる所人に施す勿れ」

2次元的な脳の使い方で最も重要なポイントは、『論語』でも重要視されている「仁」です。仁とは、自分がしてもらいたくないことは決して人にしてはならないことを説いており、比較的狭い集団において、必要となってくる脳の使い方です。

同じく2次元の脳の使い方を説いたものとして、

「三人行へば必ず我が師あり」

があります。人が3人以上で行動した場合、その中に自分の師となる者を必ず見つけられるという意味です。たとえ小さな集団に属していようとも、常に学ぶ姿勢を保つことの大切さが説かれています。

「君子は言は訥にして、行に敏ならんことを欲す
人にして信なくば、其の可なるを知らず」

それぞれ、さわやかな弁舌より敏速な行動力が大事であること、人間が「信用」を失うと誰からも相手にされなくなることが説かれています。3次元的な脳の使い方が象徴されています。

そしてこれらの脳の使い方を極めた時、それまでとまったく違う世界が見えてきます。それが『論語』でいう君子に当たります。君子とは絶対にこうしなければならない、といったようなこだわりが一切ありません。極めて客観的に、誰が見ても正しいところに価値判断の基準が置かれているのです。

君子そのものの姿勢を示した言葉の1つに次のものがあります。

「倦むこと無かれ」

これは一言で言えば、やり続けることが大事だということです。人間は自分が正しく評価されていないということを往々にして感じるものです。しかし、一方で実力以上の評価を若いうちに受けることで、その後の人生で多くのトラブルに見舞われてしまうこともあります。

ですから、大事なことは、実力以下の評価を甘んじて受け入れながらも、脳機能をフルに働かせて頑張り続けることです。

私は、『論語』には、時間に耐える脳の使い方、しかもできるだけ多くの部位を使えと説かれている、と考えます。しかし、これは短期的に見れば「しんどい」わけですが、長期的に見れば周囲と調和し自分が進歩するという好循環が生じ、脳全体を隈なく使えるようになることにつながります。

『論語』というのは、本当に極めて大事なこと、本質的なことを述べています。ぜひ、『論語』に代表される人間学を学ぶことで、一人ひとりに与えられた脳を最大限に生かしてほしいと思います。

(本記事は『致知』2010年9月号 特集「人を育てる」より一部を抜粋・編集したものです。)

​​渋沢栄一

​​論語と算盤

今年のドラフト会議で最多タイとなる4球団競合の末、
中日が交渉権を獲得した大阪桐蔭の根尾昂さん。

根尾さんは、野球部の寮にお父様から
毎月20冊の本が送られてくるほどの読書家で、
愛読書の一つに『論語と算盤』を挙げられ、
一気に話題となりました。

『論語と算盤』は近代資本主義の父・
渋沢栄一の著書。

…………………
自ら箸を取れ
…………………

青年の中には

「働きたい気持ちは大いにあるのに、
頼れる人がいない」

とか

「引き立ててくれるひとがいない」

「後ろ盾になってくれる人がいない」

とか言って嘆いている者がいます。
なるほど、たしかにどんなにすぐれた人物であっても、
その才気と知略に気がつく先輩なり周りの人なりがいなければ、
その手腕を発揮する手立てがありません。

対して、デキる先輩が自分のことをよく知っているとか、
親類に有力者がいるとかいったことがある青年は、
その器量に目をかけてもらえる機会が多いので、
比較的に恵まれているかもしれません。

しかし、それは普通以下の人の話です。

もしその人に手腕があり、
優れた頭脳を持っているなら、
たとえ昔からの有力な知人や親類がいなくても、
世間が放っておかないでしょう。

そもそも今の世の中は人が多い。
役所でも会社でも銀行でも、
人が余って仕方ないくらいです。

それなのに、上司が「この人なら安心だ」と
仕事を任せられるような人となると少ない。

そんなわけだから、どこでも、優秀な人物なら、
いくらでも欲しいのです。

このように世の中はお膳立てをして待っているのだから、
これを食べるか食べないかは、箸を持つ人しだいです。
ごちそうを並べた上に、口に運んでやるほど、
先輩たちや世の中はヒマではないのです。

あの木下藤吉郎は、低い身分から出世して、
「関白」という大きなごちそうを食べた。
けれども、彼は信長に
口に運んでもらったわけではありません。
自分で箸をとって食べたのです。


……………………
秀吉の長所と短所
……………………

乱世の豪傑が、「礼」というものを
身につけなかったせいで、
家の存続や発展が上手くいかなかった――
こんな例は、単に今の明治維新の
元老ばかりではありません。

どんな時代でも乱世に生きた人は
みんなそんなものです。

私なんかも「家が上手くいってます」なんて
偉そうなことは言えない一人ですが、
あの希代の英雄、太閤秀吉こそ
「礼」で家の存続が上手くいかなかったことでは、
最も有名な人でしょう。

もちろんたたえるべきことではないけれど、
乱世に生きた人にとって、
こういうのは仕方のないことです。
あまり酷に責めることはできないだろうと思います。

それにしても、太閤・豊臣秀吉の
最も大きな短所があるとすれば、
それは家のことが上手くいかなかったこと、
そして「機略」があっても
「計略」がなかったことでしょう。

そして、彼の長所はといえば、
言うまでもなくその勉強、その勇気、
その機知、その気概です。

このように挙げた秀吉の長所の中でも、
「長所中の長所」と言えるのは、
その「勉強」です。

私はこの秀吉の勉強ぶりに
心から敬服しています。

青年子弟の諸君にも、ぜひ秀吉の
この「勉強」を学んでほしいと思っているのです。

「事の成るは成るの日に非ずして、
その由来する所や必ず遠し
(大きな仕事はいきなりできるものではなく、
遠い昔からの努力の積み重ねが必要である)」

という言葉があります。

秀吉が希代の英雄になることができたのは、
なによりその「勉強」のおかげなのです。


…………………………………………